来夏の参院選、自民党が長谷川英晴氏を公認

2021.09.25

 全国郵便局長会(末武晃会長)の組織内候補予定者である長谷川英晴相談役が7月14日、自民党の選対本部会議において、来夏の参議院議員通常選挙の自民党公認候補として正式に決定した。郵便局長経験者を組織内候補とするのは全特史上、柘植芳文参議院議員に続き2人目。

「人に寄り添い、地域と生きる。」を目指す

 長谷川相談役は千葉県いすみ市生まれ。東北大学経済学部卒業後、民間損保会社を経て、1995(平成7)年に千葉県山田郵便局長に就き、その後、千葉県東南地区会会長、関東地方会会長、全特理事、全特副会長を歴任。先の全特総会において副会長を退任し相談役となった。
 長谷川相談役が局長魂と呼ぶ「人に寄り添い、地域と生きる。」姿勢に期待が集まっている。