郵湧新報(2020年12月号)は好評発売中です!

[お詫びと訂正]

5面の総務省DX懇談会記事中、宮本睦委員は宮元陸委員(加賀市長)の間違いです。6面の吉城全特理事さまインタビューの記事中、近畿2府4県37地方会を訪ねられたのは専務理事・郵政研だけではなく、近畿地方会三役と専務理事・郵政研の間違いです。訪問したのは、部会長だけでなく、部会長中心とする地区役員の誤りです。深くお詫びし、訂正させていただきます。

郵湧新報(2020年12月10日号)は好評発売中です!

トップニュー

◎会えない人に年賀状!


◎横浜東部×はまぎん 金融教育で協定締結
22年高校新科目「公共」に金融の概念
好評な小学校への金融教育
地公体PTの組織力で成果
文科省と金融庁の金融教育


◎日本郵政G次期中計
若者にも選ばれる企業に
データ武器に社会に役立つ


◎ゆうパックで貨客混載実証
永平寺町が近助タクシーで


◎全簡連、全簡協が新体制に
ユニバ最前線の力持ち


◎日本郵政G女子陸上部が奮闘連覇
クイーンズ駅伝

政治・行政

◎スーパーシティ特区
マイナカード未来都市目指したい
群馬県知事、前橋市長、坂本大臣に要請


◎改正郵便法成立、12月に公布
成長分野に人員と働き方改革
丁寧な議論の末、ようやく実り
付帯決議で様々に配慮


◎マイナカード普及に意欲
武田総務大臣


◎児童虐待防止のデータを
坂本地方創生大臣


◎岩田郵政民営化委員長
ESG経営素晴らしい

成長戦略・信頼回復

◎日本郵政グループ次期中計
リアルな郵便局とデジタルの融合
地方創生など社会課題解決で価値創造


◎三事業情報で社会に価値を
総務省DX懇談会が初会合


◎20年先へ、共通価値の創造を
次期中計を議論 JP改革実行委


◎日本郵政グループ中間決算
連結業績予想を上方修正


◎ゆうパケット34.7%増
日本郵便


◎通期予想を上方修正
ゆうちょ銀行


◎事業費減が増益もたらす
かんぽ生命

局長会

◎インタビュー
自ら行動し、執念で実現へ
全国郵便局長会 吉城和秀理事
地元産の宝で新ビジネスを


◎インタビュー
地公体と包括連携協定大きく前進
全国郵便局長会 宮川大介理事
郵便局の農作物販路支援で売上増

地方創生・地域創生

◎包括連携、全国各地で勢い増す
郵便局と地方公共団体


◎地域創生の道しるべ 新局オープン


◎コロナ終息祈願年賀状
「アマビエ」を貼って!


◎富有柿を全国にお届け!
岐阜県中部本巣部会


◎中国地方局長協会が福祉団体に寄贈


◎コロナから地域を守る
長崎県南部地区


◎村長らにも観光ガイドブック贈呈
岐阜県飛騨地区


◎山陰海岸清掃に貢献
鳥取県因幡地区


◎年賀寄付金配分事業による車両贈呈式
岐阜県東美濃地区連絡会
鳥取県伯耆地区連絡会


◎地域の児童を守る
奈良県桜井市13局


◎特殊詐欺防止を郵便局と地域で
島根県浜田郵便局


◎角島大橋開通20年切手
山口県長南地区


◎高校生作品も採用した切手
岐阜県西美濃地区


◎オリジナルフレーム切手贈呈式
東京支社 〝パンダさんありがとう〟

金融・トータル生活サポート・SDGs

◎コロナ禍の中小企業継承を支援
ゆうちょ銀32件目の地域ファンド


◎ゆうちょPay愛昇殿でも!
店舗拡大は口座に直結


◎マチオモイカレンダー
ようこそ!「マチオモイ」の郵便局へ


◎たすけあいの心で寄付送付金免除
日本郵便・ゆうちょ銀行


◎視覚障がい〝音〟で戦うパラ競技を支援
日本郵政ゴールボール応援プロジェクト


◎SDGs Books 11月に公開


◎地方創生SDGs国際フォーラム
1月14日にオンラインで開催


郵便・物流

◎北海道上士幌町MasSプロジェクト
実証実験に日本郵便が協力


◎第12回年賀状思い出大賞
佳作5 一瀬陽子様
「じいちゃんとの柱」
佳作6 野村まどか様
「私と鶏と父」
佳作7 安田貴喜様
「嫁への年賀状」
佳作8 松澤苗様
「初笑いは年賀状から」


◎感謝の心伝わる仕事を
郵便局物販サービス 青木進会長


◎〝心〟を贈るゆうパック
新webムービー公開中


◎メルカリ&日本郵便
ゆうパケットポストを拡大

国際・全簡連・JP労組

◎全国簡易郵便局連合会役員
柳澤会長のもと
新三役で出発


◎21春闘へ地方の意見を集約
JP労組 中央委員会


◎当日配達の世界に突入 翻訳 SAATS


◎海外における国民ID番号制度
参議院議員 藤末健三


◎コロナ禍の国際郵便引受状況


◎国際郵便物「通関電子データ」送信義務化
「国際郵便マイページサービス」か
「ゆうプリタッチ」で引受ラベルを


◎国際郵便小型包装物 最小限サイズ改定

郵湧新報を電子版でお読みいただいているお客さまへ


 このたび大変に申し訳ないのですが、電子版を一時中断させていただきます。
新たな電子版ができるまで数カ月予定してますので、それまでの間、ご希望があれば紙版を贈呈させていただきます。
メール(info-yw@yuuwakushinpou.com)にて送り先をお知らせください。
また紙版は必要ないお客さまには、残っている月数を返金いたしますので、
お手数ですが、お電話(03-6205-5362)いただけますと幸いです。
 どうかよろしくお願い申し上げます。

「郵湧新報」は毎月第2木曜日(年12回発行)、1部・年間3,600円(税別・送料込)で販売します。

 

投稿者: 郵湧新報

「郵湧新報」は年間3,000円(送料・税込)です。毎月第1木曜日発行です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください