【立ち読み記事】新春インタビュー・木下執行役

郵便局のSDGsを内外に発信
木下範子日本郵政執行役


…日本郵政グループが東京2020大会の協賛企業になった動機は、日本全国約2万4000の郵便局ネットワークと40万人の社員を最大限活用し、東京だけではなく日本のオリンピックとして全国を盛り上げていきたいというものである。(中略)郵便局ネットワークが〝宝〟であって、そこを起点に日本郵政グループは動いている。身近にある郵便局はやはり地域になくてはならないと訴えたい思いで「SDGsBook」を作成した。

投稿者: 郵湧新報

「郵湧新報」は年間3,000円(送料・税込)です。毎月第1木曜日発行です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください