郵湧新報2019年1月号は好評発売中です。


郵湧新報(2019年1月3日号)は好評発売中です!

【電子版】も発売中です。

【お詫びと訂正】

1月号2面の全国郵便局長会の広告中、専務理事の渡邊伸司様と理事の原田喜延様(信越・浅川)のお名前が抜けておりましたことを深くお詫びし、訂正いたします。また、3面の写真説明につきまして、間違えがありました。民営化委員会記者会は誤りで、正しくは民営化委員会記者会見です。お詫びし、訂正させていただきます。

トップニュース

◎創業150周年へ
地域創生の輪を拡大
よろず相談、丸ごと行政事務
人生100年時代の郵便局へ――


◎郵便局ネットワークに
〝新たな価値〟を
民営化委員会 意見まとめる

限度額総計2600万円へ
通常・定期で別管理
将来見直しに株売却の指標


◎日本郵政、アフラック資本提携
新たな協業等、
4年後決算に反映

新春所感

◎盤石に将来の飛躍めざす年に
青木進全国郵便局長会長


◎郵政に人生賭けて挑む!
柘植芳文参議院議員 (全特・全簡連顧問)


◎創業150周年目指し
徳茂雅之参議院議員 (全特・全簡連顧問)


◎70周年に高まる存在価値を
土屋敏雄全国簡易郵便局連合会長
全国簡易郵便局協会長

新春インタビュー

◎〝人〟を活かして成長を
郵便局の宝は〝人〟
諫山親日本郵便副社長

 ▶立ち読み記事


◎郵便局のSDGsを内外に発信
木下範子日本郵政執行役

 ▶立ち読み記事


◎きらっと輝く四国
創力創生、全社員の力を地域に
篠原勝則四国支社長インタビュー

 ▶立ち読み記事


◎ユニバーサルサービスは確固たる
三事業一体経営の下で
人は石垣、人は城
元大阪中央郵便局長 江島啓三氏

 ▶立ち読み記事


☆本紹介
「サンティヤゴへの道」

政治・行政

◎郵便局活性化に新規予算2000万円
買い物サービスなどモデル事業に


◎郵政支援策で申入れへ
郵活連役員会


◎郵便減少に向き合う各国、日本は?
郵便局活性化委員会


◎2040年から逆算し、対応策を
石田総務大臣会見


◎中枢中核都市の強化目指す
政府 まち・ひと・しごと総合戦略

金融・トータル生活サポート

◎顧客構造変革目指す
若年層開拓へ総合金融相談


◎マチオモイはひと想い
マチオモイカレンダー好評
ゆうちょ銀行


◎手紙文化普及にタッグ
直営局×簡易局
清原一貴局長(福岡三宅局)
山田秀雄局長(福岡和田簡易局)

 ▶立ち読み記事

郵便・物流・国際

◎〝温もりの選択〟 で300%増 バレンタインのキス切手♡

 ▶立ち読み記事

アマゾン自社配達も確立へ


◎越境eコマースさらに便利に
進化するUGX 日本郵便


「郵湧新報」を読んでみたいという方はお申込みフォームにご記入いただき、送信をお願いいたします。【電子版】も発売中です。

「郵湧新報」は毎月第1木曜日(年12回発行)、1部・年間3,000円(税込・送料込)で販売します。

投稿者: 郵湧新報

「郵湧新報」は年間3,000円(送料・税込)です。毎月第1木曜日発行です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください