【立ち読み記事】長谷川実中国支社長インタビュー

長谷川実中国支社長インタビュー


災害に強い郵便局づくりを


…鳥取県因幡地区連絡会の例を挙げると、単マネ1局、エリマネ局55局の計56局で「INABA56」という取組みを行っている。エリマネ局の営業推進リーダーに単マネの集配営業部社員が加わり、単マネの機動力と、エリマネ局の情報収集力を組み合わせた一体営業を展開し、とても良い成果を上げている。…


(2018年11月1日号)


 

投稿者: 郵湧新報

「郵湧新報」は年間3,000円(送料・税込)です。毎月第1木曜日発行です。

「【立ち読み記事】長谷川実中国支社長インタビュー」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください